防災グッズについて

サイト情報

地震対策

火災対策

水害対策

防災グッズ必需品

防災グッズ応用品

防災グッズ虎の巻

いざという時の為に

災害は私達が忘れたころに訪れ、大きな被害を残していきます。日本は自然災害の多い国で、地震を始め台風などの風災や水害などが頻繁に起きてます。災害が起きるのを事前に防ぐ事は、現在の技術では出来ません。


しかし、台風は天気予報で事前に進路を予測できたり、地震も地震予測が可能となり、対策おこなう事は出来ます。もしも、災害にあった場合に、防災グッズがなかったとしたら、災害による直接の被害は免れたとしても、その後の避難生活に大きな被害を受ける事になります。


大災害にあって避難生活を送る事になった場合、救援物資が届くには最低でも3日間はかかるとされています。それまでの食料や、衣料品、水分は自分で確保する必要があり、何の準備もしていないと大変苦しい思いをする事なります。防災グッズの必需品として、情報の確保は欠かせません。


現代の日本は、日常生活に様々なメディアが存在し、情報があふれていますが、災害時にはその情報源も機能しなくなる恐れがあります。メディアがいくら普及したとしても、災害時に役に立つのはラジオです。テレビやインターネットは電力がないと、機能を果たす事が出来ませんが、ラジオは停電に関係なく、放送を聞く事が出来ます。


携帯ラジオがあれば、物資の供給場所や、避難場所などの案内を聞く事が出来るので、他の防災グッズが何もなかったとしても、救護を受ける場所に向かう事ができます。


防災グッズは、特に、一人暮らしの人にこそ準備が必要です。近くに家族がいないぶん、様々なことを自分で行い、救援がくるまで耐える必要があります。 最低限の防災グッズの必儒品は準備をしておき、自分の身は自分で守れるように、家族と暮らしている人以上に周到な準備が必要です。


災害時には、助けあうことが重要になります。近所ぼ人に声を掛け合い、足りない部分は補い合えるように十分な防災グッズを準備しておく必要があります。


スポンサードリンク

プライバシーポリシー | お問合わせ

Copyright (C) 防災グッズ虎の巻 All Rights Reserved